夫婦で受けるシステム・コーチング

システム・コーチング®(ORSC®)は、「共に生きるための智慧」です
■システム・コーチングとは?

 システム・コーチング®(ORSC=Organization & Relationship Systems Coaching®)は、2人以上のパートナーシップやチームをクライアントとするコーチングです。対象は、家族(夫婦、親子)、チーム、組織などです。

 コーチは、複数名のクライアント全体を“システム”と捉え、「生きている一つの有機体」として接していきます。対話やエクササイズを通じて、その関係性にとって必要なことを本音で正直に話し合う環境を作ります。

 システム・コーチング®は、やり方や手法ではありません。「みんなで共に生きるための智慧」です。「競争社会で個人が生き残っていくには?」という考え方ではなく、「みんなで生きるには?」という考え方。全体性から考える概念です。この概念に基づいて生きることが、人と人とのパートナーシップやリレーションシップを育みます。「みんなで生きるための智慧」を取り戻していくのがシステム・コーチング®です。

■夫婦が最も必要としているのは、気持ちのサポート

 結婚して夫婦になると、二人の関係性は変わります。さらに、出産や育児などによって環境が変化すると、さまざまな課題も出てきます。その時、つい「これはあなたの役割」「これは私の役割」という役割分担に終始してしまうことはありませんか?

 特に、日本では「妻の役割」「夫の役割」という特有の文化風習があり、子育ては妻の役割だと考える人も少なくありません。「育児は君の責任だろ」と言われ、妻が一人で抱え、苦しくなってしまうケースも多々あります。たとえば、発達障がいのお子さんを持つお母さん。育児は自分の役割だと思い込んでいる専業主婦のママ。仕事も子育ても一手に担っているワーキングマザーなど……

 そんな時、一番身近で一番気持ちをわかって欲しい夫が、その荷物を一緒に持ってくれたら、妻の心は軽くなり、子育ては一緒にお神輿を担ぐようにワクワクと楽しいものになるかもしれません。「君がやっていることは間違っていないよ」「大丈夫だよ」という夫の言葉は、妻にとって一番の支えになります。

 もちろん、夫から妻への声かけだけではなく、妻から夫への声かけも同じように支えになります。例えば、会社で転勤を言い渡された時、やりがいが感じられなくて転職やキャリアチェンジを考えている時。親の介護で同居が必要になった時など――夫の人生の転換期は、そのまま夫婦や家族の転換期にもなりえます。そうした時に、「大変だけど、一緒に考えていこう」と声をかけ合いながら未来に向かって行けたら、こんなに力強いことはありません。

 夫婦がお互いに最も必要としているのは、気持ちのサポートです。たとえ時間がなくて、物理的にサポートができなかったとしても、夫婦で語り合う環境をつくり、一緒に課題に取り組めたら、目の前の世界は変わっていきます。

※夫婦が作り出す場の影響を家族全員が受けています
夫婦が作り出す場の影響を家族全員が受けています

無自覚に毒素を撒き散らす
不機嫌な家族

意識して健全な場を作る
ご機嫌な家族

■2人で課題を乗り越えていく筋肉を育む

 システム・コーチング®は、たとえて言うならば、部屋の掃除のようなものです。「もっとこうして欲しかった」「こうだったら良かったのに」など、遠慮やあきらめで日々言い出せなかったことが部屋の隅に檻のようにたまっていきます。それがたまってくると、夫婦の中で爆発してケンカになります。そうした言葉や思いをケンカをせずに出せる場がシステム・コーチング®です。お互い言えずにいたことが共有できたり、相手が思っていたことに気付く機会になります。些細なことが浄化していない気持ちに引火して大きくなる前に、まめに掃除をすることで、そうしたモヤモヤを消火(昇華)し、常に二人の間を心地良い環境にすることができます。システム・コーチング®を受けることで、何か課題が生じた時には、夫婦で乗り越えていく筋肉、2人で解決する力を育むことができます。

■お互いにおもんばかって、すれ違わないために

 システム・コーチング®で夫婦が取り上げるテーマは、人それぞれです。お金のこと、子育てのこと、親の介護のこと。二人目や三人目の子どもをどうするかといったことがテーマになることも多いです。
 実は、私たち夫婦が二人目をつくろうと決めたのは、システム・コーチング®を使ったワークショップに2人で参加した時でした。その時、「彼女は仕事をやりたいんだろうな」「彼は二人目を欲しいと思っていないだろうな」と、夫婦でお互いのことをおもんばかるああまり、相手の本音を聞けていなかったことがわかりました。
 お互いに遠慮したり、我慢して言葉に出さなかったことによって、結果的にすれ違ってしまうことがあります。夫婦で本音で話し合う環境をつくるために、システム・コーチング®を通じて、「共に生きるための智慧」を取り戻してみませんか?

■システム・コーチング®の依頼について

下記へご連絡ください。
連絡先:yamada@shigotosoken.jp

<流れ>
  1. オリエンテーション 対面にて60分~90分 (コーチングの説明と状況&希望のヒアリング、ガイドライン同意&契約)
  2. 定期セッション 月1~2回(全4回・3ヵ月〜)
    1回90分 対面→20,000円(税別)、Skype(電話も可)→15,000円(税別)
    (対面、電話、SKYPEの何れかかをお選びください)
    全4回終了後は、1ヵ月単位で継続が可能になります。

上記の定期セッションとは別に、一度体験してみたいという方は、単発セッションをお申し込みください。
●単発セッション 1回90分 対面→23,000円(税別)、Skype(電話も可)→18,000円(税別)